十代の頃、学校の友達がニキビなどで悩んでいた時も、私自身はほとんどニキビなどありませんでした。いつも、「肌が綺麗で羨ましい」と言われていて、自分では、肌ぐらいしか褒めるところないの?!なんて思っていたほど。
でも、30歳が近くなってきたいわゆるアラサーの今、お肌もやっぱり年をとってきたんだなぁと実感します。それは、目の下のシミ。

頬の一番高いところにうっすらシミがポツポツと出てきたんです。今はまだ薄いので、BBクリームなどをさっと塗れば全くわからないくらいですが、なぜ私がこんなに心配しているかというと、母も祖母も、顔にシミがたくさんあるからです。頬や祖母は東北出身でかなり色白。だから紫外線にあまり強くないのか、ソバカスのようなシミが顔にたくさんあります。

そして、その二人の肌質にそっくりな私の肌。私も、二人ほどではありませんが色白。しかも悪いことに関東で育ったので、東北人よりも紫外線をたくさんあびてしまっているんです。
きっとこのまま年をとって行ったら顔中シミシミのおばあちゃんになってしまうんじゃないかって本気で心配しています。
だから、今更気休め程度ですが、紫外線対策をかなり入念にして、保湿もかなり真剣に毎日やっています。